『花を仕立てる間(あわい)』開催のお知らせ

投稿日時 2007-01-25 | カテゴリ: 【開催01】お祭り(神社主体)

報道関係者各位
プレスリリース                      2007年1月25日
                      スパッツィオ ブレラ ギンザ

・━…・━…・━…・━…・━…・━…・━…・━…・━…・━…・━…・
        『花を仕立てる間(あわい)』開催のお知らせ
・━…・━…・━…・━…・━…・━…・━…・━…・━…・━…・━…・

2007年2月4日から11日、スパッツィオ ブレラ ギンザ 10階ギャラリーにおいて、
「SYUNKA」を主宰する華道家 中村 俊月がビスポーク・フラワーの美意識を
展覧会・ライブ・ワークショップで紐解きます。また、限定ヴァレンタイン・
コレクションをイタリアトスカーナの最高級チョコレート「AMEDEI」とともに
発表。豊かさを知り尽くした大人の男性に贈る究極の“The Art of Giving”を
「花を仕立てる」という中村 俊月の気韻とカカオを素材から創りあげた
アレッシオ・テシエリの哲学との類稀なるコラボレーションを通して体験して
いただければ幸いです。

【概 要】
●『花を仕立てる間(あわい)』
期 間:2007年2月4日(日)〜2月11日(日) ※2月5日(月)は定休日のため休館
時 間:11:00〜19:00(最終入場18:30)
場 所:東京都中央区銀座1-4-3 スパッツィオ ブレラ ギンザ 10階

【イベント】
●プレミアムイベント“SYUNKA×AMEDEI”
日 時:2月4日(日)13:00〜14:00
定 員:先着25名様
入場料:無料
内 容:SYUNKA 中村 俊月がライブで活ける旬の花を愛でつつ、
    アレッシオ・テシエリのトークショウでAMEDEIを味わいながら、
    世界最高金賞のチョコレートとビスポークフラワーの愉悦を
    ご堪能いただけます。
    尚、会場にて取材撮影が行われる場合がございます。ご了承ください。

●SYUNKAフラワーアレンジ・ワークショップ 計3回
日 時:2月7日(水)18:30〜20:30
    2月10日(土)14:00〜16:00
    2月11日(日)14:00〜16:00
定 員:各回限定12名様
参加費:8,500(花材・花器を含みます)
内 容:華道家 中村 俊月が、それぞれの季節にしか愉しめない花の仕立てを
    伝授。(4月以降は同ギャラリーにてテーマ別のレッスンが始まります。)

【お問い合わせ先】
●SUNKA問合せ
ルクス・プレス/平(たいら)
TEL:03-5465-7375 E-mail: info@lxlxlx.cc

●会場・イベント問合せ
スパッツィオ ブレラ ギンザ/森田、外西
TEL:03-5524-2551

●AMEDEI問合せ
AMEDEI日本代表/西口
TEL:03-3701-7224

【プロフィール】
●中村 俊月
1975年横浜市生まれ。華道相阿弥流 師範。
日本の美学とヨーロッパのクリエイティビティが融け合ったスタイルは、
数多くの5ッ星ホテル、セレブリティの邸宅、ファッションメゾンの
コレクションで、その真髄を開花させている。
現在、港区白金にアトリエ「SYUNKA」を構える。
2006年9月からは、クラスアップを求めるオーダーに応えBESPOKE FLOWERを開始。
センシュアルでいて品格を失わないアレンジは、贈る人と贈られる人双方の
美意識を200%昇華させていると、リピーターになるクライアントが絶えない。

●アレシオ・テッシエーリ
1989年にイタリアのトスカーナ州ピサで誕生した高級チョコレートメーカー代表。
テッシエーリ兄妹によって運営されているAMEDEIは、兄のアレッシオが
原料となる世界中のカカオ豆の買い付けを担当、妹チェチリアはその
カカオ豆をチョコレートにし、イタリアで唯一の女性チョコレートマスター
である。
二人は「優れたチョコレートをつくるには、優れたカカオ豆が必要である。」と、
ブドウの質によって出来が違うというワイン造りの考え方同様に、世界中の
優れたカカオ豆を調達し、時間と労力を要する伝統的製法によって
きめこまやかなチョコレート作りをおこなっている。
2006年10月20日、ロンドンで行われた第2回世界チョコレートアワードで
金賞3、銀賞1、銅賞1を獲得、2年連続世界NO.1に輝く。
その製品は「チョコレートのロマネコンティ」と呼ばれるほど上品で繊細な
味わいを持つ。




日本の祭りマツリドットコムにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.matsuri.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.matsuri.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=76